gallery TEO

JapaneseEnglish
 
近森 基++久納鏡子

クリックで画像拡大

1996年頃からコラボレーションを開始し、2000年から、メディア・プロダクツ・ユニット“minim++”(ミニムプラプラ)として活動。影絵や積み木、絵本など、子どもの遊びや玩具をモチーフにしたインタラクティヴな作品を国内外で発表する。(ex. Ars Electronica, SIGGRAPH, Centre Pompidou, 東京都写真美術館など ) 2004年、有限会社plaplaxを設立。メディア・アート作品制作と同時に、大学との共同研究,公共空間や商業施設等の演出も手がける。2007年、ギャラリーテオでの展覧会を期に、“近森基++久納鏡子と改める。

近森 基 Motoshi Chikamori
1971年 東京都生まれ
1998年 筑波大学大学院芸術研究科修了

久納 鏡子 Kyoko Kunoh
1972年 東京都生まれ
1997年 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修了

展覧会
【2008】
もしもの森(鶴岡アートフォーラム、山形美術館/山形)
やねうら美術館・光と影の大サーカス(長野県信濃美術館/長野)
2008目玉商品展(21_21 DESIGN SIGHT/東京)
【2007】
メディアで創る大阪の未来(大阪市中央公会堂/大阪)
文学の触覚(東京都写真美術館/東京)
ACAF NY (New York, アメリカ)
Digital Art & Technology ? Ars Electronica Exhibition ? (Singapore Science Center/シンガポール)~2008年
五感でアート(長野県信濃美術館/長野)
Moonlight Balloon ECO アートバルーンプロジェクト(Think Park/東京)
ムナーリへのオマージュ(Shiodomeitalia クリエイティブ・センター/東京)
DESIGN MADE 2007(Hamgaram Design Museum/ソウル、韓国)
Ars Electronica Center Exhibition(Ars Electronica Center/Linz, オーストリア)~2008年
近森基++久納鏡子(ギャルリーテオ/東京)
日本メディア芸術祭 上海 2007(上海城市彫塑芸術中心/上海、中国)
キッズ・プログラム2007 サウンド×スペース(NTT Inter Communication Center /東京)
ふしぎな光ミュージアム(愛媛県総合科学博物館/愛媛)
おちつきのない影たち(鶴岡アートフォーラム/山形)
オープン・スペース2007(NTT Inter Communication Center /東京)
線香花火、銀座プロモーション(強羅花壇/神奈川)
線香花火、銀座プロモーション(ギンザ・コマツ“松”/東京)
平成18年度(第10回)文化庁メディア芸術祭受賞作品展(東京都写真美術館/東京)
文化庁メディア芸術祭10周年企画展「日本の表現力」(国立新美術館/東京)
【2006】
Electrical Fantasista(BankART Studio NYK/横浜)
From Flash To Pixel(Zendai Modern Museum/上海. 中国)
キッズ・プログラム(NTT Inter Communication Center /東京)
【2005】
神戸テクノフェスタ(神戸ファッションマート/神戸)
愛知万博・環境省出展「ECO LINK」(森の自然学校/愛知)
愛知万博・ヨルダン館(グローバル・コモン3/愛知)
愛知万博・地球市民村(長久手会場/愛知)
ロボッツ プロモーション(有楽町マリオン・日劇東宝/東京)
超(メタ)ビジュアルー映像・知覚の未来学(東京都写真美術館/東京)
Ombres et Lumiere(Centre Pompidou/Paris,フランス)
Climax-the highlight of Ars Electronica exhibition(National Taiwan Museum of Fine Arts/Taichung, Taiwan)
光の国のファンタジー(おかざき世界子ども美術博物館/岡崎)
ブラック城の冒険2(福岡県青少年科学館/久留米)
Experimenta(Black Box/Melbourne,オーストラリア)
Gifts from the forest(銀座コマツ・アートスペース/東京)
【2004】
モンスターの館ー不思議大冒険ー(あすたむらんど徳島・子ども科学館/徳島)
ビットタッチドットーさわって、うごかすメディア・アート展(アートガーデンかわさき/神奈川)
【2003】
Exhibition minim++[個展](Site Gallery/Sheffield,イギリス)
サイバー・アジア ~メディア・アートの近未来形(広島市現代美術館/広島)
朱鷺めき新潟・未来ワールド メディアアート展(朱鷺メッセ/新潟)
光のひみつ(栃木県子ども総合科学館/宇都宮)
ブラック城の冒険(福岡県青少年科学館/久留米)
不思議なアートタウンへようこそ ~子どもワークショップ展(練馬区立美術館/東京)
Ars Electronica "In Touch"(Ars Electronica Center/Linz, オーストリア)~2004年
江戸の写し絵 幻影のメディア・テクノロジー(東京都写真美術館/東京)
Lille 2004 (欧州文化首都)“Cinema de Future”(Lille, フランス)~2004年
【2002】
映像体験ミュージアム(東京都写真美術館ほか全国巡回)~2004年
カフェ・イン・水戸(水戸芸術館等/水戸)
日本媒体芸術作品展2002(北京,中国)
Ars Electronica “Hidden World”(Ars Electronica Center/Linz,オーストリア)~2003年
電子芸術国際会議ISEA2002(名古屋)出展
東京デザイナーズ・ウィーク/大阪デザイナーズ・ウィーク(東京、大阪)
【2001】
廃材小銭変換計画(D-net Cafe!? 1255/東京)
モビール・パラダイス展(リビングデザインセンターOZONE/東京)
かげの博物館~なくしてしまった かげ を探しに[個展](ハラミュージアムアーク/渋川)
KOBE 2001 みらい体験博(神戸国際展示場/神戸)
第3回デジタル・ルネッサンス(けいはんなプラザ/京都)
モノの芸術・メディアのアート─表現者たちの冒険(常葉美術館/菊川)
光/かげ Tools of Life(セゾンアートプログラム・ギャラリー/東京)
【2000】
ロッテルダム国際映画祭(Rotterdam,オランダ)
三田村峻右と総合造形つくば'からの発信・2000(茨城県つくば美術館/つくば)
CyGnet、与平の家プロジェクト(大井町神戸邸/東京)
【1999】
影-写像としての世界/光-仮想としての世界(東京都写真美術館/東京)
he Interaction'99(ソフトピアジャパンセンター/大垣)
アニメーションズ(東京都写真美術館/東京)
ミステリー美術館(浜田市世界こども美術館/浜田)
ふしぎな美術(群馬県立近代美術館/高崎)
オバケのカゲ展(板橋区立成増アートギャラリー/東京)
ICCビエンナーレ'99(NTTインターコミュニケーションセンター/東京)
【1998】
文化庁メディア芸術祭(新国立劇場/東京)
EXIT/VIA(Creteil、Maubeuge,フランス)
VIPER(Lucerne/スイス)
IGGRAPH'98(Orlando,アメリカ)
RSLAB(Torino,イタリア)
【1997】
Ars Electronica'97(Linz,オーストリア)

常設作品
【2007】
「A Tale of Stray KIttens -異世界旅行猫絵図-」(名古屋ルーセントタワー直通地下道・ルーセントアベニュー/名古屋)
「地球環境を考える」(日本科学未来館 5F 地球環境とフロンティア内/東京)
【2006】
「west 53rd 日本閣」(west 53rd 日本閣/東京都中野区・west 53rd 日本閣ロビー/東京)
【2005】
「Stable Energy」(東京電力福島第一原子力発電所サービスホール/福島県双葉郡大熊町/福島)
【2004】
「Primalscape」(相田みつを美術館/東京)
【2003】
「生命の標本箱」
(生命と環境の学習館/鹿児島県鹿児島市・かごしま県民交流センター6F/鹿児島)
「私をとりまくもの」
(生命と環境の学習館/鹿児島県鹿児島市・かごしま県民交流センター6F/鹿児島)
「Cage for Kage ~神戸バージョン」
(ひと未来館/兵庫県神戸市・人と防災未来センター3F/神戸)
【2002】
「Ideal Steps ~空想する階段」
(アド・ミュージアム東京/東京都港区・カレッタ汐留B1F/東京)

一覧に戻る